若鮎の遡上(イメージです)

世の中は風薫る5月というのに、新型コロナのせいで遠出もできず、自然に触れ合う機会も減っています。


だからという訳では無いのですが、錦鯉のぐい吞みの次に出てきたアイデアは「季節もの」+「立体感満載」。

その試作品がこちらです。

今までは3匹が最多だったのが、今回は5匹!

2匹が上側で、3匹が下を泳いでいます。

底はぶ厚くて、ちょっと不格好になってしまいましたが、お酒を入れた時の上下の広がり(立体感)は特筆ものです!!!


鮎のヒレや腹は少し黄色がかっていたのを思い出し、また、魚同士の上下の重なりや、泳ぐ方向を上下左右に調整したり、といった改善を加えたのがこちらです。7匹いるのですが重なりすぎてちょっと分かりにくいかも。

結構いい感じなので、もう少し改善して来年のテーブルウェアフェスティバルに応募してみようかと思っていますが、果たして納得がいくものができるかどうか?!...

Atelier & Gallery Jin

アトリエ&ギャラリー仁(Jin)は 2020年7月1日に 国立駅南口徒歩7分の住宅地に移転いたしました。 当面は、小さなガラス工房でのガラス製品の制作と販売、そしてガラス工芸教室のみの営業となります。 これからもよろしくお願いいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000